読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PCのソフトをインストールする時の注意等

Tips

今回はまたパッと出のアイデアでつくる即席記事。(超絶初歩)

PCユーザーなら誰もがお世話になるソフト、それに関するTips。【5月14日追記】

 

 

 

 

インストーラーガイドには絶対に従うな!!

 

情弱と情強の壁はここにあると言っても過言ではないほどの基本かつ重要テク。

ソフトをインストールする時に、こんな画面を見たことがあるだろう。

f:id:alfai7s:20160507174814j:plain

ソフトをインストールする途中に出てくるアレだ。こいつは極悪である。

赤いチェックに注目。(ほとんどの場合すぐOKを押してほしいためチェックは既に入っている)

 

このままOKを押しインストールしてしまうととんでもないことになる。

 

(そんな悪いソフトばかりじゃないと思うかもしれないが、フリーソフトがフリーである理由はこうしたゴミに対する広告料でもあるので、かなり当てはまる。もちろん有料ソフトにはこんなものはない。)

 

もう少し踏み込んだ話をすると、ソフトの中には

クイックインストール(おまかせ)と

カスタムインストール(自分で要るものだけ選ぶ)の二択を選ぶものがある。

 

断言する。前者でゴミがつかないことはない。(ここに突っ込める人は記事閉じておk!)

そもそもクイックインストールだと、上の画像が表示されることなく、「おっ?おまかせでいいんだな?じゃあゴミもつけときますね~^^」となって即アウトなこともある。それに、32Bitのシステムなのに64Bitのファイルを付けられたりも。

 

とにかくフリーソフトをインストールするときは慎重に。

PCというのは、レジストリといってかなりデリケートな部分がある機械で、ここについた傷は初期化しないかぎり絶対に治らない(厳密には治せるが超高度技術なので治せないと思ってほしい)

 

 

できればポータブル版を(インストーラー版は避ける)

 

厳密にはレジストリに書き込まれるし、動作速度的にも常に使うソフトならばインストール版がいい) 

上にある通りPCというのは一度ついた傷は治らない。有機物と無機物の違いだね。

つまりソフトをインストールしてしまうとアンインストールしたとしても痕跡が残る。

 

「でもそれって仕方ないことじゃない?ソフトは必須なんだから。」こう思うはず。

 

しかし、実はソフトというのは必ずしもインストールしなくても動くものなのだ。

 

例えるなら怪我を一切負わないケンカのようなもの。めっちゃ手軽ということです。

どうすりゃそんなことできるのかというと、かなり限定されるものの、ソフトの中には

 

Zip版 と ・exe版   や、  ・ポータブル版 と ・インストーラー版

 

が存在する。ひとことで言うとZipとポータブルがインストール不要のお手軽版。

機能が変わらないのだとしたら明らかにそっちの方がいい。

(ポータブル版は、本来USBに入れて他のPCでも使えるようにするのが目的)

 

これだけ聞くとポータブル最強に思えるけど、ブラウザやら音楽再生ソフトやらの、毎日頻繁に使うしそもそも消すつもりがないよ!というソフトはインストールしてやった方が快適に使えるよ。落としたけど一度しか使わない、というソフトはポータブルがおすすめということ。

 

早い話ソフトは出来る限り(あまり気軽に)インストールしたくないと思ってほしいということ。

 

 

.exeの恐ろしさを知る

 

PCで使うファイルには、「拡張子」というものがある。

.jpgというファイルは画像、.mp3というファイルは音楽という風に、同じファイルたちをどういった種類のものなのか区別するためのものだ。

人間で言うと、「くん」とか「ちゃん」みたいなものかな。(男女を区別する)

 

この中で、ソフトやプログラム(PCの設定を変えたりファイルを操作する)ファイルが、.exeという拡張子になっている。

.exeなんていつも使ってるし見慣れてるものだからどこが危険なの?と思うのは普通。

しかし上の説明をよく見てくれ。「PCの設定を変えたり、ファイルを操作する」

ソフトは基本的にPCをより便利にするためとか、何かをつくるために存在するが、ウイルスだってソフトである。ソフトなんて作りようによってはどんなものにもできる。

つまり悪い(人の作った)ソフト(.exe)をPCで使用すると、これまたえらいことに。

 

ソフトをインストールする時も、はたまたソフトを起動する時にも必ず.exeは必要だが、無限の可能性を秘めた.exeには無限の恐ろしさもあることを知ってほしい。

 

 

・番外

たまに、「○○画像.exe」というような、わけのわからないファイルがある。

上で挙げた例え風に言うと、「ジャイ子くん」といったような違和感。

画像なのに.exe、すなわちプログラムなのだ。(女なのに男呼びなのだ)

こういう場合どうなるの?

 

答えはひとことで言うと、ウイルスですこれ。

 

根拠は「まともなソフト(画像)ならこんなわけのわからないファイルにはしない」

「画像と思わせて(エロい奴やら、漫画のページやら)ウイルスを仕込む」から。

 

へぇ、そういうこともあるんだと思ったあなた。自分は違うと思ったあなた。

これ、わかってても、ウイルスが起爆したことを肉眼で確認なんてできません。

PCの処理は人間の処理能力を大きく超えているし、ウイルスが起動し、PCに悪事を働くことは一瞬で可能だから。もっと詳しく予防したいなら下のリンク先を読んでみるといいよ。

クリック誘いウイルス感染! 迷惑メール添付の不正ファイル事例 - Let's Emu!

 

f:id:alfai7s:20160507203647p:plain

こういったファイルは、Windowsの設定で「ファイルの拡張子を表示する」を有効にしていない場合・・・

f:id:alfai7s:20160507203808p:plain

こんな表示されてしまう。表示されてないだけでしっかり.exeなので、画像を表示するつもりが、プログラムが実行されてしまう。ウイルスだったらはいさようなら

上の2つの画像の場合はまだいいけど、アイコンがいかにも画像なようなものに偽装されていたり、タイトルも巧妙な場合は一瞬マジで見分けがつかない

一度ウイルスとして起動した後は、ファイル名が変わり、ちゃんとした画像に化けたりするウイルスもある。(一度目の起動時のみPCに悪さをし、二度目以降は気づかせないようカモフラージュ。)

軽いウイルスなら容量も画像と変わらないし、気をつけてね。

(そもそもイケナイファイルは落とさず、Microsoftがデフォで拡張子を表示するようにすれば解決だが)

 

 

追記:インストーラーは公式サイトからダウンロードしましょう

 

有名なフリーソフトの場合、たくさんのフリーソフトをダウンロードできる、DL専用サイトからも入手が可能になる。

しかしこういったサイトからインストーラーを落とした場合、余計なオマケがついていたり、インストーラーをダウンロードするツール(専用サイトがつくった余計なツール)をDLする形式になっていたり、ソフトのバージョンが古かったりする。

有名で手に入れやすいソフトであっても、必ずソフトの製作者のサイトからダウンロードするように注意しよう。

 

 

 

PCってこわいね。今回は初歩中の初歩の内容でした。知らなかった人は・・・

たぶん今頃PCはウイルスだらけだね(初期化を推奨シマス)

 

 

 

広告を非表示にする