読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オススメ!自作PC・パーツ別紹介【ケース後編】

前回記事(前編)はこちら→オススメ!自作PC・パーツ別紹介【ケース前編】

自作PCパーツ紹介!続いてケース編その2です。

 

今回は機能重視

ハイエンド自作機ですもの。パワーと安定性が第一!

 

 (商品画像からAmazon商品ページへアクセスできます。在庫切れの際はご容赦ください。)

 

今回はまさにハイレベルユーザー向け!質実剛健なラインナップ。

有名メーカーで、質感も良く、安心して買えるので初心者にもかなりおすすめ。

 

Fractal Design Define R5

 

B00TZSTO4GB00Q9SHVZEB00Q9SHZQ4

 

定番にして最強。一見地味なケースに見えなくもないが、この機能美に酔いしれよ。

抜群の静音性・類を見ぬ群を抜いた堅牢性。さらにそれをもっての高冷却・拡張性。

シンプルにしてすべてを極めたケース。玄人さんから初心者まで、迷ったらこれ

(ファンコン問題については、気になる人はよく調べてみてほしい)

 

 

NZXT H440

 

B01CIDWILKB01CIDWIHO

 

画像・リンクはH440の新型、H440Plus。静かによく冷えバランスの良いケース!

DefineR5と双璧を成すと言っても過言ではない!?完成度とデザインを持っている。

静音性、防塵性が高い。初心者には内部の見え方の工夫が充実していて安心。

水冷運用にもよし、組みやすさ&レイアウトのしやすさもGood。

 

 

Phanteks Eclipse P400S

 

B01BLYB5HKB01F4Y1XC0

 

またまた定番のバランスの良い高機能ケース!前面のさりげないライトがイカス!

細かな気配りが利いていて、静音志向も冷却志向もかなえられる自由度も高いケース。

外見だけじゃなく内面もステキなまさにイケメンケース!!

 

 

Corsair Carbide 400Q

 

 

大型デスクトップPCでは、安定性と静音性、まさにサーバーのような機能点も重要。

このケースは側面・前面はもちろん、天面にも取り外し可能なパネルを設けたことで

抜群の静音性をかなえたサイレントケース。冷却もしっかり行える。

 

 

Corsair Carbide Air540

 

B00D6GINF4B00H8JLM94

 

デュアルチャンバ方式のケース。

マザーボード等の主要ゾーンと、電源やHDD、光学ドライブなどのゾーンが

ケース内で分割して分けられているため非常に組みやすくメンテナンスもしやすい

発熱部位が分けられている上に内部がスッキリしているため冷却性抜群

独特な存在感も相まって、デザイン重視ユーザーにも推したい定番ケース。

 

 

Corsair Graphite 780T

 

B00LA6POK4B00LA6ZLGQ

 

 

すごく、大きいです・・・。5インチベイをはじめ、あらゆる装備を備えつつ

大型ケースならではのド級エアフローと拡張性を持ったモンスターケース。

冷却性と存在感ではこいつよりすごいケースもそうそうないことかと。

 

 

SilverStone PRIMERA

 

B01DTXJGYAB01DTXJGO0

 

 

とにかく冷えそうなケース。大口径ファンが前面に3つ、しかもメッシュパネル。

ファンコンも搭載していて、冷却に全てをかけた、これで冷えないわけがないケース。

オシャレなケース内照明、内部ベイを削ったことによる水冷への最適化がGood。

 

 

その他にも、玄人向けケースとして

Cooler Master COSMOSII超大型でメンテナンス性重視・拡張性の高いケース)

ANTEC P183(HDDを多数搭載する人にお勧め・サーバー向けケース)

などがあるのでもっともっとケースを見たい人は是非チェックを!

 

 

※PCケース選び方のポイント!ここもチェックしてみよう

パネルの厚み、堅さ。(防音、防振)

防塵フィルターの有無と造りの良さ、取り外し可能か。(メンテナンスと寿命)

メッシュ(冷却)か、パネル(静音)か、アクリル(装飾)かの自分に合った選択。

搭載可能なグラボサイズ、ファン数を確認。

5インチベイの有無。(DVDやBDドライブ、これからはVR用ケース前面HDMI端子も!)

マザーボード、CPUクーラーのサイズとケースへ搭載可能かの確認。

 

 

オススメパーツ紹介・ケース編は以上!

前後編あわせて、気に入ったケースがあったなら記事にした甲斐がありました。

やっぱり自作で1番楽しいのはケース選びだと私は思います。

この記事を見てワクワクしながら楽しんでくれた人へ、良い自作ライフを!

 

 

P.S.(実は当初には全3編で、最後にマニア向け変態ケースを紹介するつもりだったが、今回は比較的万人向け記事にしたかったためお蔵入りに・・・)

広告を非表示にする