読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【イヤホンジャックはオワコンになってしまうのか?】5000円未満のガチイヤホンたち

ガジェット

iPhone7からイヤホンジャックが無くなってしまうことが決定しました!

 

そんな中、時代の荒波に抗っていく管理人は、ここで敢えて従来のイヤホンジャック仕様イヤホンを紹介します。

 

ただし、どれも数千円クラスの手を出しやすいイヤホンたちです。

 

数万~数十万円クラスのイヤホンを手に取る人は、こんなブログを参考にしてはいけないためです。

 

 

 

 

音の質や感じ方というのは、なんとも筆舌に尽くしがたいものですので、解説は軽く・・・。

 

視聴した時の第一印象や、クチコミの簡単な引用にとどめておきます。

 

(上級者向けの専門用語バリバリの解説はしません。(できません。))

 

こんなイヤホンがあるんやなーという存在の認知のきっかけになれたらいいなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ハイコスパイヤホンといえばまずこれですかね。解像度が高く、迫力も良いです。

 

簡単に言えば、曲のなかでたくさんの要素を感じ取れます。おっ、ここでギターが良いメロディ出しとる!だとか、「裏の音」がよく聞こえますよ。

 

音漏れはそれなりにしますが、開放感の割にはそこまで駄々漏れはしませんね。ただ、比較的うるさい方ではあると思いますから念のためご注意を。

 

ただ装着感は普通かなー。だからイヤーチップは変えたくなりますね。

 

WalkmanでもiPhoneでもXPERIAでもなかなか良かったので相性問題も良さげ。

 

中華製スマホ製造メーカーのイヤホンでもあるためか、色んなスマホや機器に合うのかもしれません。

 

(リンク先はXiaomi製ではないページですが、製品は同じです。よくあるコピー品ではないようです。念のためレビュー参照をお願いします。)

 

 

 

 

 

 

某イヤホン・ヘッドホン専門店でイチオシされていたイヤホン。

 

そちらの企業は、とにかくオーディオに力を注いでいるので、信頼には足ります。

 

形からして何やら珍しそうですよね。こういったタイプのイヤホンを「イヤモニ」といいます。プロやミュージシャンも使うタイプですね。

 

音?聞いたことないです()

 

でも専門店がガチで推していたイヤホンですし、パチモンでもイヤモニなら解像感は良いんじゃないかな。(分からんモノを勧めるブロガーの鑑)

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは管理人が所持しています。メイン使用しているイヤホンです。

 

(当記事内のイヤホンは数本試用しましたが、こいつに落ち着いた。理由は、いろんな曲を聞く私には、どの曲もある程度鳴らす優等生のこいつがとても重宝するからです。)

 

持っていないと分からないかもしれない、悪い点を書きます。

 

タッチノイズ(イヤホンのコードが体にあたってその音が聞こえる)が大きいです。

 

コードが独特なもので、扱い方によってはかなり絡まります。

 

音は、特徴があまりないです。だからこそ、どの曲もしっかり鳴らしてくれます。 

 

 

 

 

 

 

 

ZERO AUDIO インナーイヤーステレオヘッドホン カルボ テノーレ ZH-DX200-CT

ZERO AUDIO インナーイヤーステレオヘッドホン カルボ テノーレ ZH-DX200-CT

 

 

こちらもハイコスパ安価イヤホンの有名どころ。

 

良くも悪くも音の鳴っている場所が近く感じられ、その割に篭っていないので、迫力があるのにクリアです。

 

迷ったら最上部のPistonかこれが安定じゃないかな?と思います。

 

音にあまり詳しくない人は、だいたい低音より高音が綺麗なイヤホンの方が、聴いてみて「すごい!いい音!」となりやすいんじゃないかな。

 

(なんで値上げしてもうたん?) 

 

 

 

 

 

 

 

ZERO AUDIO インナーイヤーステレオヘッドホン カルボ バッソ ZH-DX210-CB

ZERO AUDIO インナーイヤーステレオヘッドホン カルボ バッソ ZH-DX210-CB

 

 

カルボテノーレの親戚です。こちらは、低音を重視したモデル。

 

先述の通り、ほとんどの人の場合は低音より高音を重視したほうが幸せになれるので、正直あまりオススメはできない。

 

でも、分かる人にはこのイヤホンの魅力がわかります。EDMとかたまらんぜ。ブイブイポンポン言わせるとンギモッヂイイイ!!ってなりますぜ。

 

(むしろこのイヤホンから低音デビューしてみないか?) 

 

迫力重視のダイナミック型としては最強クラスです。なのに情報量にも富む。音の量が迫力につぶされていないのです。なかなかすごいよね。

 

ただ、ひとつ言わせてもらうと、低音を楽しみたいならイヤホンより圧倒的にヘッドホンが良いです。音の質量が違うし、イヤホンだと振動も若干気になるし。

 

 

 

 

 

 

 

SONY カナル型イヤホン ブラック XBA-C10/B

SONY カナル型イヤホン ブラック XBA-C10/B

 

 

バランスド・アーマチュアという、一般的なイヤホンとは違う仕組みのイヤホン。

 

一般的なイヤホンはダイナミック型といいます。

 

違いは、迫力重視か解像重視か。解像ってむずかしいですが、要は音の情報量が多いということです。機械的に、色々シャカシャカ鳴らしてくれるのがバランスド・アーマチュア。

 

 

迫力はいまいちですので、いつも大音量で音楽を聞く人や、ノリ重視の人には向きません。音楽を芸術と見る人には良いイヤホンですが、音楽を楽しみたい人には向かないかな?

 

あと、アニソンには向かないと思います。こいつ。(アニソンってノリ重視だしね)

 

 

 

 

 

 

 

【国内正規品】 MUIX Hi-Fiイヤホン IX3000 ブラック IX3000-BK

【国内正規品】 MUIX Hi-Fiイヤホン IX3000 ブラック IX3000-BK

 

 

マツコの知らない世界で紹介されてから話題になりました。

 

(私はその前から目をつけていました!だからなんだっていうんやろか!?) 

 

特徴は、スイッチを切り替えると音が変わること。高音モードと低音モード。

1本で2度おいしい・・・?

 

これ、結構すごいんですよな。ゲームのBGMとかで使われる賑やかで迫力のある曲は低音で、JPOPやらおしゃれな曲は高音で聞くとかすると、単純に楽しい

 

イヤホンっておもちゃみたいな側面もありますから、結構おすすめ。

 

大事なことなので二度言いますが、JPOPやらのおしゃれなボーカルにはマジで合います

 

 

 

 

 

 

 

 

アニソンのためにチューニングされたイヤホンらしいです。

 

これは高音質というより、

「街中で安く売ってるイヤホンを買ってみたら意外と使える子でワロタ。」

という感じのイヤホンです。他のイヤホンたちと比較しながら視聴すると、明らかに1段階落ちる。

 

でも!アニソン(というかボーカル曲。ジャズのような空気感や楽器の音色を楽しむ曲以外の)を集中的に、あくまで通勤通学などで流し聞きするって時にはありと思います。

 

(正直これを買うならあと1~2000円出して上記のイヤホンたちがいいかも。2000円以上出すのは嫌とか、マジでやっすいのでええねん。という人にはGood。)

 

 

 

 

 

 

 

 

王者。

 

こいつは有名すぎて、気になったらググったほうが早い

 

管理人は、正直このイヤホンに魅力を感じたことはまだないです。

 

3000円出せば(上記の数々のイヤホンなら)もっと満足できるのに、正直イヤホンをあまり知らない人たちが一番有名なコレだけを買って大満足しているのでは、とまで思う。

 

ただ、購入者(分母)が多い割に、高評価(分子)も多いので、やっぱり良いものなんだろうなぁ。ということで一応紹介。

(というかコスパイヤホン特集にこいつがいなかったら多分文句言われる)

 

 

 

 

 

 

 

 

唐突ですが、上級者向けです。なのに、5000円を切ります。

 

まずイヤーチップの形やイヤホンのコードや本体部分の形からして特殊ですよね。

 

このイヤホンのように、耳の上からコードを流し、耳の周りをまわしてコードを装着するイヤホンを、「SHURE掛け」と呼びます。

 

メリットとして、重力にコードがひっぱられない。首からコードが下がらないのでタッチノイズ(上記に解説あります)が少ない。安定するので耳にとてもフィットする。ということがありますね。

 

デメリットは、慣れない人には装着がむずかしいかもしれません。ハマった時は、おっこれだ!と感じるのですがね。

 

そして、イヤーチップ。耳にはめるゴム部分です。これが、何やら三段階のきのこ状になっています(トリプルフランジ型といいます)。これが、耳の穴の奥深くまでフィットしてくれて、音が繊細に伝わってきます。

 

はじめての時はあまりにも奥に入るので怖いかもしれません(意味深)。

 

リケーブル(ケーブルの着脱)まで可能です。万が一ケーブルが断線した場合も安心?

 

SHURE掛け」「トリプルフランジ」「リケーブル」上級者の大好きなフレーズです。

 

(ただしケーブルの価格等にもよります。遊びたい人は断線関係なしにケーブルを他社製に変えるなどすれば音質を変えることができますよ。)

 

多分自分は初心者なのに、上級者の世界を知ってみたい貴方には、是非おすすめしたいイヤホンです!

 

 

 

 

 

 

 

ざっと書きました。前案なしの走り書きなのですごく読みづらくてすみません。

最後にイヤホンで気にしておいたほうがいいことをいくつか書いて終わります。

 

 

 

 

 

 

・装着感

 

 

イヤホンの音は、耳にどれだけフィットしているかで本領発揮できるか決まります。

 

どれだけ良い音のイヤホンも外して流してみればスッカスカの音になるように、できるだけ良いセッティングをしてやれば音が変わります。

 

用途によりますが、外の音が聞こえないくらいがベストではあります。

 

イヤーチップ(耳にはめるゴム)や、耳の形を重視しましょう。

 

イヤホン本体が耳から横に向かって長いタイプもやや装着感にクセがあります。あまりにもスッポ抜けるイヤホンは避けましょう。

 

 他に重要な点として、耳自体が詰まっていては音が聞こえません。耳の内部を綺麗にしておく必要まではありませんが、耳鼻科に行くとスッキリ内部を安全にクリーンしてもらえそうです。

 

 

 

 

・断線

 

 

イヤホンはコード部分も特徴の一部。絡まりにくかったり切れにくいものが理想。

 

それでも、イヤホンは断線してしまうものなんですよね~。

 

線が切れたら買い直すか、線を付け替えるしかない。線を着脱可能なイヤホンのことをリケーブル可能と呼びます。リケーブルできれば理想

 

ただし、買い直すケーブル自体が高いと、コスパイヤホンの意味が無い。場合によっては潔く本体を買い直そう。イヤホンも消耗品です。

 

 

 

 

・アプリ

 

 

iPhoneでは、ONKYO HF PlayerUBiOといったアプリが良いです。管理人も過去に使ってましたが、イヤホンに何千円もかけるなら数百円でこういったアプリを買ったほうが良いかもしれません。

 

なにせ、iPhone付属のイヤホンや家に眠っていたイヤホンでさえ、「あれ?こいつこんなに音質良かったっけ?」と驚くくらい変わります(モノによるけど。)

 

良いイヤホンは、出力元にも気を配ればさらに良い音質になります!

 

 

 

 

・音源

 

 

イヤホンは音源との相性が大きい。特に低価格帯では目立ちます。

 

ちまたで高音質と言われているイヤホン・ヘッドホンを聞いてみても、全然大したことないじゃないか。と思うのは、それがクラシック・ジャズ向けで、あなたが聞いた曲がバリバリの電子音アニソンだった。とかはありがちな話です。

 

自分が好きな音楽ジャンルに合わせたイヤホンを選べたら最高ですね。

 

 

 

 

ビットレート(最重要!)

 

 

他にも、ビットレートという数字がとっっっっても大事です。

 

MP3ファイルなどに、「64Kbps」「128Kbps」といった文字が記載されているのを見たことがありませんか?

 

これらの数字は、直接音質の良さを表していて、低価格だろうが高級だろうが、128以下のビットレートはラジオ並の音質の悪さです。

 

256Kbps以上になると、一般的なイヤホン・スピーカーでは音質の悪さを感じなくなります。

 

どんなに良い曲も、どんなに良いイヤホンも、ビットレートが低い場合は絶対に音質が悪くなります。最後になってしまいましたが、まずはここに気を使うと良いでしょう。

 

 

 

・見た目

 

イヤホンには音の特徴がそれぞれあり、当記事でもそれについて簡単に解説したものの、見ただけでわかるのが見た目。

 

記事内で記載しましたが、イヤホンはおもちゃのようなものでもあります。つまりファッションです。

 

細かい点として、コードに音量調節用ボタンがあるか、なども気になる人はいるかもしれませんね。その場合は確認してみてください。長くなるのでそこについては触れていませんので。

 

音は買わないとわからないし、他にも良い物がたくさんあるのだから、究極的に自分の好きな選択として、デザインを重視してみるのもいいかもしれません。

 

じゃなきゃあ、Beatsとか売れるわけがありませんしね。(Beats使いの皆さんごめんなさい。)

 

 

 

 

※当記事のAmazon商品ページリンクにはアソシエイト・プログラムを使用しています。

 

 

広告を非表示にする