読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【やめてくれ】Amazonアソシエイトを回避する方法

Amazonアソシエイトって知っていますでしょうか。

 

主にブログやYoutubeなどにAmazonの商品ページリンクを貼っているものは、そこをたどって買い物をした場合に、商品のリンクを貼った人に対して報酬が支払われることになっています。

 

それをアソシエイト(多くの場合はアフィリエイト)と呼びます。

 

でもそれってなんだか癪じゃありません

 

私は経済は天下のまわりものと考えてますし、別に私が損をするわけではないので、参考になった礼として素直にアソシエイトで買い物しますが、気になる人はいるでしょう。

 

ですので、本来経済的にあまりよろしくないですが、このブログの読者のためにそれを回避する方法を教えておきます。

 

(ちなみに、このブログでもアソシエイトを使用しています。管理人に金が入るのが我慢ならない人はこれを使ってください。罠なんてありませんので。逆に管理人にちょびっと報酬やってもいいやって人は、どうぞそのままお買い物をm(_ _)m)

 

 

 

 

 

 

随分長い前口上でしたが、内容は簡単です。

 

 

インターネットブラウザを使う場合、URLを使用しますよね。

 

 

www.とか、http・・・とか書いてあるあの長い英文です。

 

 

これを使うことで指定したページへ移動できるのです。

 

 

つまりここに、あなたのアクセスしている場所の詳細がモロに記載されているのです。

 

 

(URLを活用することにより、同じサイトでも色々な検索方法や閲覧方法をためしてみることができます。興味があればぜひ調べてみてね。)

 

 

 

 

 

アソシエイトモード(便宜上こう呼んでおきます)になっている場合、通常のAmazonのURLから少し変わります。

 

 

 

まず、通常のAmazonの商品URLからいってみましょうか。

 

 

https://www.amazon.co.jp/%E4%BF%BA%E6%B5%81%E7%B7%8F%E6%9C%AC%E5%AE%B6-%E5%B8%B0%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%81%84-M%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BAT%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%84%E7%99%BD%EF%BD%98%E6%96%87%E5%AD%97%E9%BB%92/dp/B00N4O240S/ref=as_li_ss_tl?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=desktop-5&pf_rd_r=43F6255JBAHDDDQ4QH93&pf_rd_t=36701&pf_rd_p=087ce431-8701-4543-a5f0-eed749fe6de0&pf_rd_i=desktop

 

 

長いですが敢えてURL表記でフルに記載しておきます。上のURLが通常のリンクです。

 

あなたが普段どおり、まずAmazonへアクセスして普通に買い物するとここからの買い物になります。

 

 

 

 

 

 

一方、アソシエイトリンクのURLはこちら。

 

 

https://www.amazon.co.jp/%E4%BF%BA%E6%B5%81%E7%B7%8F%E6%9C%AC%E5%AE%B6-%E5%B8%B0%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%81%84-M%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BAT%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%84%E7%99%BD%EF%BD%98%E6%96%87%E5%AD%97%E9%BB%92/dp/B00N4O240S/ref=as_li_ss_tl?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=desktop-5&pf_rd_r=43F6255JBAHDDDQ4QH93&pf_rd_t=36701&pf_rd_p=087ce431-8701-4543-a5f0-eed749fe6de0&pf_rd_i=desktop&linkCode=ll1&tag=alfai7-22&linkId=51c22d0f3647c26601fa7eea884f50f7

 

 

よく見なくてもわかりますが、末尾あたりに「tag=alfai7-22」と書かれていますよね?

 

 

この、○○-22というのがアソシエイトの印です。商品ページで買い物する際、URLにこの○○-22がある場合、そのIDの持ち主に、商品(購入)金額の数%が支払われるのです。

 

&tag=○○22以降の文字は全て削除しちゃうのが良いです。そうすれば、後からであっても、URLを直接紹介元から踏んだ場合であっても、アソシエイトにはなりません。)

 

 

 

 

 

1つ目のリンクで買い物すれば、あなただけの買い物

2つ目のリンクで買い物すれば、あなたには損も影響もないが私に報酬が来る

 

 

 

 

 

これがアソシエイトリンクです。

 

まぁ、商品を教えてくれてる紹介料と思えば、何度も言っている通り、購入者の払う金額には変わりがないので悪くはないのですが。

 

 

 

 

 

 

実はいつも見ているURLのからくり、わかりましたか?

 

実はURLは他にも応用が効き、予約解禁前のページをURLから直接辿ったり、検索条件としてURLを使ったり(Amazonで商品を検索中、URLの一番最後に「&pct-off=99-」という文字を追加すれば、「99%OFFの商品を検索」に)できます。

 

 

ウイルスやフィッシング目的のサイトを判断するにももってこいです。

偽サイトなんかは、どれだけ似ている見た目でもURLがどこか違います。

Amazonの偽サイトはArnazonだったりね。(←違いわかります?)

 

 

結局私が言いたかったのは、URLちょっと意識してみてください。ということでした。

 

 

広告を非表示にする