読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twitterをやめました(※)

Other

Twitterに疲れたね。

 

 

 

私がTwitterを辞めた理由、それは単純に「無駄」でしかなかったから。

 


私も何も変わらなかったし、周りも何も変わらなかったから。

 

自分が何かを得ようとしても、やはりSNS、こんな場で有益な濃い情報を提供している人はまあ居ません。居てもちょっとした時事的な豆知識程度を言う人ですかね。

 

だったら、例え自分が他人に何かをあげようとしても、それこそそんな場で私の持つ情報を提供したところで、多分誰も気にしてなかったのです。

 

現に私のTwitterで提供していた情報やTipsなどはリアルに何の影響も及ぼしていなかった。

 

でもそのことについて他人を責めるのは間違いです。そもそもツイートって流れていくものだし、つぶやきの範疇を出た文を読まれないのは至極当然だから。

 

まあ、でもどうせ読まれもしないのであれば、新しい波(ツイート)に流されず、ここで絶対不可侵な領域として私の世界を展開したほうがまだマシなんじゃないかと。

 

ここなら私だけの情報がずっと残りますからね。

 

 

多くの人は、他人と関わって、自分の言いたいことを発信して、それ以上でもそれ以下でもないものなので、ただただそこから何か吸収しようなんてことは思っていない。

(そもそも何かを知ろうとするならTwitterを見る時間を他に当てるだろう。)

 

まあでも改めて思うと、自分の吸収したものもないし、他人に発したものも無意味だったし。あの時間がもったいなかったなと。少なくとも何か他のことに当てていればと。

 

 

過去のあやまちのことを今更精算しても仕方がないけど、それをこれからも続けるというのは最悪の手段です。

 

何かの一部に自分がなるのではなく、自分の一部に何かを取り入れるべきであると。


変化のない日常、繰り返しの日常を送ることほど悲しい人生はない。


ネットで社畜と言われる人たちはこういった人生を歩んでいると思われているのかもしれないけれど、人や社会と広く関わる以上変化はあります。

(ましてやそれなりにがっぽり稼いでこられるのならそれに越したことはない。)

 

そういう意味で人は新しきを求めることを必要としている生き物だと思うのです。

 

よってTwitterは私の一部として不要と判断した!!というシンプルな(長い)理由です。

 

 

・・・まあでもTwitterのアカウントは今でも持っていて、活用できることに関しては活用(主にブログ更新・Youtubeライブ通知でのツイート)していきますので完全に消えたわけではないんですけどね。←

広告を非表示にする