形から入ることは悪いことなのか?【脱・貧乏思考】

「安物を使ってるプロよりも下手なくせに、素人が高級品を使うなよ」

「大して詳しくもないのに、便利な物を持つのはもったいない」

ネット上では、こういったちょっと頭の悪そうな意見が多く見受けられますね。

今回は、そういった意見に対し思うことを語ります。

 

 

 

例えば、

アンタは字がまだ下手だからそこの使い古しの筆を使いなさい

と言われた子がいたとします。

 

 

その子は恐らく、上手な字を書けるようになるまで余計に時間がかかります

上手になってからやっと良い筆に移ると、今度はその筆に慣れるのに時間がかかります。

勘の良い方なら気づいたでしょう。最初から良い筆を使えば良かったのではないかと。

 

そう、良い物を使わないのは単純に無駄なんです。

 

もしかすると、

悪い筆から良い筆に移ることで良い筆の良さが分かる

初めから良い筆を使っていると悪い筆で字を書けない

と主張する人もいるかもしれません。

 

しかし、そんなことは後で気付けばいいんです。

 

良い筆を使い続け、最短で字がうまくなった後に、

時には、このような状態の悪い筆を使うことも強いられるんだよ

と経験をつけさせてあげればいいのです。

 

まずはじめはチープな物から

 

というのは、ゲームにありがちなレベルが低いうちは弱い装備しか使えないという思考と同じです。

これはあくまでもゲーム内の難易度バランスの調整のためであり、それが合理的なわけではありません。

 

よく入門用などといった製品がありますが、

これは使わなくなった場合を想定して、無駄になる恐れのある費用の面からオススメしているだけで、

本気で使い続けるつもりだったり、費用よりも使い心地や上達速度を重視したりする場合は逆に向かないこともあります。

 

中にはとんでもない理論を展開する人もいるようです。

子供に使いこなせるワケがないので高性能なPCは買い与えない!

・・・いやいや、PCを使い慣れていないからこそ高性能なPCがいいのでは。

 

PCは何も知らずに使うと動作が重くなるもので、その原因にも気づけません。

それに、子供が新しく興味を持ったことに、性能のせいで挑戦出来なかったらどうするのでしょう。 

不慣れな人にほど、誰でも扱えるような良い物を与えるべきです。

慣れてから"それ"を手に入れるものなのか、"それ"を手に入れたから慣れるものなのか。

 

こういったことがあるからこそ、管理人は

・ゲームが下手でもゲーミングPCを買って良い

・絵を書いたことがなくても液晶タブレットを買っていい

・音楽に詳しくなくても高級オーディオを買っていい

・情報に疎くてもスマホやPCを買っていい

と強く考えています。(ジャンルが電子機器ばかりなのはご愛嬌。)

 

当然、良い物を買ったのにいつまでも上達しない人もいます。

しかしそれは単に向上心の問題です。仮に安物を買っても同じく下手のままでしょう。

どうせ下手ならば、少しでも快適性が高いであろう高級品を使う方が合理的です。

どちらにせよ、買えるのならば良い物の方が良いことは揺るぎません

 

「自分や、他の人と比べて腕が悪いのに、使っているものだけ無駄に良い」

というのは、ある意味ただの僻みなのではないでしょうか。

そういうところにこだわる人ほど、実際には何もできません。

車にこだわらない人ほど高級車に乗っている(成功している)のと同じです。

 

高級品=良い物とは限らない

この意見にも基本的には同意ですが、高級品として市場に残り続けているのは、

消費者に高級品として相応しいという評価を得ているという証でもあります。

新しく登場したばかりの高級品は必ずしも良い物とは限りませんね。

 

安物や低性能な物をどうにか駆使することで知恵がつく

この意見にも基本的に同意です。根性論な気もしますが、管理人自身がそうでしたので。

しかし、一方でこうも思います。「しなくても良い苦労をする人間のことを、俗に凡人と呼ぶ

 

あなたが安物で上級者と同等な位置に立てることは立派なことです。

ですが、それはネガティブな選択から始まった結果に過ぎません。

 

お金がないから良い物を買えない。だから安物でいい。

 

そしてそのままずっと安物を使い続けた結果、安物に慣れてしまっただけ。

もしかすると、良い物を使えばもっと早く、もっと上に行けたかもしれないのに。

酸っぱい葡萄にコンプレックスを抱き過ぎると良くないかもしれませんよ。